グランジロック

​フレキシブルロボティクス研究室は,Team X:Presenceのメンバーとして,ANA Avatar XPRIZEに挑戦しています.

Xpresence03.png

Venture into

ANA Avatar XPRIZE

​セミファイナル,終わりました.

セミファイナルが,9月にアメリカ・マイアミで開催されました.

 

チームメンバーは渡航できなかったため,現地の主催者側スタッフによる,ロボットのセットアップ,操作となりました.

 

写真は,セミファイナルのテストシナリオ2「Final Stage of Business Deal」の場面です.その他,パズルを一緒に楽しむタスクなどがテストされました.

 

 

その結果,上位15チームがファイナル進出となりましたが,本チームは残念ながらファイナル進出とはなりませんでした.

xprize_sf01.png

​セミファイナルに向けて準備中です.

セミファイナルでは,3つの異なるシナリオにて,人とアバターロボットが共同作業を行います.

新型コロナウイルスの影響により,チームメンバーの渡航が難しく,現地の財団側スタッフによるセットアップ,操作,大会参加となりましたが,セミファイナル突破に向けてソフトアバターロボットの最終調整です.

20210823_01.jpg
20210823_02.jpg

​セミファイナリストに選出されました!

​Team X:Presenceは,アバターロボット開発コンテスト「ANA Avatar XPRIZE」のセミファイナリストに選ばれました.

1次予選をに通過した世界19ヵ国77チームから,16ヵ国38チームがセミファイナリストに選ばれました.

 

ANA Avatar XPRIZEのWebサイト(セミファイナリスト一覧)はこちら

次のステップに向けて,引き続き開発をすすめていきます!

​ソフトアバターロボットの開発

​Team X:Presenceは,アバターロボット開発コンテスト「ANA Avatar XPRIZE」の1次予選をに通過した世界19ヵ国77チームに選ばれました.

 

ANA Avatar XPRIZEのWebサイトは

Team X:Presenceでは,アバターロボットに柔らかさを積極的に取り入れることで,人と接触しても安全でかつ,従来のアバターロボットでは体験できない深いコミュニケーションを実現する,ソフトアバターロボットを開発しています.

​大阪工業大学フレキシブルロボティクス研究室は,主にソフトアバターロボットのボディ,アーム,ハンドの開発を担当しています.

Team X:Presenceの取り組みが,グランフロント大阪ナレッジキャピタルの「Asia Creative & Innovation Channel」で紹介されました.

​詳しくは,X:Presence 未来のアバター体験のライブプレゼンテーションをご覧ください.

Xpresence06.png